浄化槽保守点検Septic tank maintenance and inspection

浄化槽の保守・点検

日々トイレやお風呂、お洗濯や水道の使用などでひとりにつき1 日200 リットルもの水を私たちは使っているのです。 それらの生活排水は下水道をはじめ集落排水等で処理をされています。各家庭などに浄化槽はあります。 微生物の性質を利用し生活排水を浄化してくれます。 浄化槽を使うと、設置した方は「保守点検」「清掃」「法定検査」を実施しなくてはならなくなります。通年の維持管理を保守点検業者が行い汚泥が蓄積したら、汚泥の引き抜きと清掃を許可業者で行う必要があります。(通常は1年に1回程度)
白老清掃では浄化槽の保守点検と清掃を行っています。

浄化槽の保守点検

法定検査業務について

管内調査業務で清掃

管内調査業務で清掃

法定検査業務とは?

浄化槽を設置した方は「法定検査」を実施しなくてはなりません。
浄化槽内部は専門的な装置で、地域の環境に放流されるという公共的な立場から、第三者(北海道知事より指定を受けた公益社団法人北海道浄化槽協会)による検査を受けなくてはいけません。

法定検査の結果

法定検査の結果は、結果書が設置者に交付されます。また市町村担当係へ報告します。

第7条検査(浄化槽の使用開始後3ヶ月から5ヶ月間)<浄化槽法7 条>

新たに設置され、又はその構造若しくは規模の変更をされた浄化槽については、その使用後3月を経過した日から5 月間に、環境省令に定めるところにより、当該浄化槽の所有権、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権限を所有する者(「浄化槽管理者」という)は、環境大臣又は都道府県知事が第57条第14項の規定により指定する者(「指定検査機関」という)の行う水質に関する検査を行わなければならない。

第11条検査(1年に1回)<浄化槽法11条>

浄化槽管理者は、環境省令で定めるところにより、毎年1回、指定検査機関の行う水質に関する検査を行わなければならない。